墓石の歴史とデザイン

墓石にとは?

メンタルトレーニングで強い心に対する誤解とは?

Written By: admin - 12月• 19•11

メンタルトレーニングで精神面を強化し、強い心を手に入れることに対して、「強い心=自分勝手、わがまま」と思う人もいるかもしれませんが、それは誤解です。
自分視点でものごとを考えるようにするからといって、他人の視点をまったく無視するわけではありません。
自分視点というのは、決して自分勝手にものごとを考えろということではないのです。

「誰かのために行動すること」と「自分視点」は共存します。
また、心が強くなったからといって、言いたい放題、やりたい放題になってしまうのではないか、無神経な言動が多くなるのではないかという疑問を持つのも誤解です。
心が強くなれば、不安や緊張から萎縮してしまって発言ができないということは減るでしょう。
しかし、人間関係を良好に保つことを考えれば、人に対して何でもかんでも好き放題な言動はしないものです。

心が弱いと「言いたいけれど言えない」ということが多々あります。
しかし、心が強くなると、「言えるけれども、敢えて言わない」という選択もできるということです。
メンタルトレーニングの『リコレクト』はこちらへ

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.