墓石の歴史とデザイン

墓石にとは?

メンタルトレーニングで自分視点の身につけ方とは?

Written By: admin - 12月• 19•11

自分の視点で判断し行動できるようにメンタルトレーニングするには、まずは、一人称の主語をつけてものごとを考えるようにしましょう。
「私はこう思う」「ぼくはそう思う」「私はこうしたい」「俺はそうしたい」といったように意識して考えるようにします。
そしてこれをしばらく継続させましょう。

無理矢理にでも継続させることによって、自分の思考が自分視点に少しずつ変わっていくはずです。
また、自分視点の思考を見つけると共に、集中力を身につけることも重要です。
結果に囚われず、今、この瞬間に気持ちを集中させる習慣を身につけましょう。
「こんなことをやっても仕方がない」「本当にいい結果が出るのか?」など、途中で雑念が湧いてきてしまうかもしれませんが、結果をあれこれと考えるのは止め、今現在に集中するのです。

こうした雑念を捨て去るには、メンタルトレーニングに瞑想や禅などの思考を取り入れることが効果的ともいわれています。
中でも、禅の「前後裁断」という思想は、前後を断ち切ることをいい、過去や未来に囚われずに今この一瞬に集中することをいいますが、多くのアスリートもこの思想を取り入れているようです。

You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Both comments and pings are currently closed.