墓石の歴史とデザイン

墓石にとは?

墓石のデザイン ~洋型墓石~

Written By: admin

洋型墓墓石はモダンで見た目の格調も高い洋風の墓石のことをいいます。

洋型だからといって、キリスト教徒ばかりが使用するものではなく、ガーデニング霊園などの出現により、仏教徒の間でも急速に普及しつつあります。
特に、関東近県での普及率は高く、近年開設された霊園などでは、洋型のもの以外選択できない場合もあるようです。

省スペースで建てられることが洋型の大きな特長のひとつです。

費用に関しても、外柵工事や土盛りを必要としない場合が多く、和型に比べて低価格で建てられるようです。
形式としては、主に「オルガン型」と「ストレート型」「プレート型」に分けられます。

オルガン型とストレート型はそれぞれ竿石と台石によって構成され、台石がひとつのものは一段型、ふたつのものは二段型と呼ばれます。

オルガン型は竿石が斜めに加工され、ストレート型は垂直に加工されます。

プレート型は芝生墓地に直接プレートを敷くタイプの墓石のことをいいます。
洋型墓石が増えた理由として、デザイン性の理由などもありますが、和型と違って高さが低いので、地震で倒れにくいということも大きいようです。
震災後の現在、今後も洋型がどんどん増えていくかもしれませんね。