墓石の歴史とデザイン

墓石にとは?

墓石のデザイン ~和型墓石~

Written By: admin

和型墓石は、江戸時代中頃から普及した、仏舎利塔を起源とする墓石です。
見た目も安定感があり美しく、昔からのお墓の形ということで親しまれているため、現在でも日本ではこのデザインが主流です。

ひとくちに和型といっても、デザインや使用される石などは地域によって少しずつ違うようです。
基本としては、一番上に家名などを彫る竿石、次いで上台石、中台石、そして一番下に芝石(下台石)といわれる敷石を置いた四段構造のもの、あるいは敷石を置かない三段構造のものになります。
高級なものになると、竿石の下に蓮華台がつくこともあります。

その他付属品として、水鉢、花立て、香炉などが付きます。
墓石は上の竿石から、それぞれ、天(家庭円満)、人(人望・出世)、地(財産維持)を表しているといわれます。

また、神道の場合も、和型墓石を建てることが多いです。
仏教型との大きな違いは蓮華台や香炉がないことや、竿石の上部をト金(四角錐)にすることなどです。
一般的には仏教型よりも竿石が長く、「○○家之奥都城」あるいは「○○家之奥津城」と彫ることが多いようです。

さらに、鳥居や墳(半球)を設置する場合もあります。