墓石の歴史とデザイン

墓石にとは?

メンタルトレーニングで強い心に対する誤解とは?

Written By: admin - 12月• 19•11

メンタルトレーニングで精神面を強化し、強い心を手に入れることに対して、「強い心=自分勝手、わがまま」と思う人もいるかもしれませんが、それは誤解です。
自分視点でものごとを考えるようにするからといって、他人の視点をまったく無視するわけではありません。
自分視点というのは、決して自分勝手にものごとを考えろということではないのです。

「誰かのために行動すること」と「自分視点」は共存します。
また、心が強くなったからといって、言いたい放題、やりたい放題になってしまうのではないか、無神経な言動が多くなるのではないかという疑問を持つのも誤解です。
心が強くなれば、不安や緊張から萎縮してしまって発言ができないということは減るでしょう。
しかし、人間関係を良好に保つことを考えれば、人に対して何でもかんでも好き放題な言動はしないものです。

心が弱いと「言いたいけれど言えない」ということが多々あります。
しかし、心が強くなると、「言えるけれども、敢えて言わない」という選択もできるということです。
メンタルトレーニングの『リコレクト』はこちらへ

メンタルトレーニングで自分視点の身につけ方とは?

Written By: admin - 12月• 19•11

自分の視点で判断し行動できるようにメンタルトレーニングするには、まずは、一人称の主語をつけてものごとを考えるようにしましょう。
「私はこう思う」「ぼくはそう思う」「私はこうしたい」「俺はそうしたい」といったように意識して考えるようにします。
そしてこれをしばらく継続させましょう。

無理矢理にでも継続させることによって、自分の思考が自分視点に少しずつ変わっていくはずです。
また、自分視点の思考を見つけると共に、集中力を身につけることも重要です。
結果に囚われず、今、この瞬間に気持ちを集中させる習慣を身につけましょう。
「こんなことをやっても仕方がない」「本当にいい結果が出るのか?」など、途中で雑念が湧いてきてしまうかもしれませんが、結果をあれこれと考えるのは止め、今現在に集中するのです。

こうした雑念を捨て去るには、メンタルトレーニングに瞑想や禅などの思考を取り入れることが効果的ともいわれています。
中でも、禅の「前後裁断」という思想は、前後を断ち切ることをいい、過去や未来に囚われずに今この一瞬に集中することをいいますが、多くのアスリートもこの思想を取り入れているようです。

メンタルトレーニングで他人視点の思考から自分視点の思考へ

Written By: admin - 12月• 19•11

メンタルトレーニングで精神面を鍛えるには、思考を自分の視点を大切にするように変えていくことも必要です。
強い心を持つということは、自分の中で他人視点よりも自分視点が優勢であることです。
それに対し、弱い心を持つということは、自分視点よりも他人視点が優勢であることです。

これはつまり、自分が他人からどう見られているのかばかりを気にして、自分の行動に主体性をなくしてしまうことにつながります。
自分がどう思うかではなく、他人の目にどう映るのかが行動の基準になってしまうのです。
「笑われるかもしれない」「怒られるかもしれない」「嫌われるかもしれない」などといった具合です。
自分はこう思うのに、他の人がどう思うかが分からないがために、意志や決断力が弱くなってしまいます。
ネガティブな思考と他人視点の思考が合わさると最悪です。

自分が取った行動によって、他人が自分に対して否定的な見方をするとはかぎりません。
笑われるのではなく賞賛されるかもしれないし、怒られるのではなく褒められるかもしれません。
自分がよかれと思って取った行動であるなら、結果についてはあまり気にしないようにするべきです。

メンタルトレーニングでネガティブ思考からポジティブ思考へ

Written By: admin - 12月• 19•11

技術を磨くとか身体を鍛えるというのは、一生懸命練習をしたり、運動をしたり筋肉トレーニングをしたりと、目に見えてなんだか分かりやすいですが、メンタルトレーニングのように精神面を鍛えようという場合、目に見えるものではないのでいったいどうすれば鍛えることができるのかよくわかりませんよね。
精神面を鍛えるには、思考を変えることが必要です。

まず、ネガティブな思考をポジティブな思考に変えること。
ネガティブな思考ばかりしていると、行動もネガティブに引きずられます。
また、ネガティブがネガティブを呼んで、どんどん状況が悪い方向へと転がっていきます。
大袈裟と思うかもしれませんが、あまりにネガティブ思考ばかりしていると精神面が不安定になるばかりではなく体調にまで悪影響を与えます。

不安に思ったり、不満を抱えたり、ネガティブな感情を抱くのは人間誰しもあることですが、できるだけポジティブ思考に変えるように意識的に試してみましょう。
ある意味、自分で自分を洗脳するようなものです。
考え方を少し変えるだけで物事を前向きに捉えることができるようになり、精神面が安定するようになります。

メンタルトレーニングとは?

Written By: admin - 12月• 19•11

メンタルトレーニングとはなんでしょうか。
メンタルトレーニングとは、精神力を強化するために行うトレーニングのことをいいます。
スポーツの世界ではよく聞かれ、もはや常識の域に達しているものですが、なにもスポーツの世界だけのことではありません。
スポーツ以外の世界にもメンタルトレーニングを必要とする場面は多々あります。

精神的に追い込まれやすい人やすぐに緊張してしまう人などは、なかなかここぞというときに実力を出せず、苦悩しているのではないでしょうか。
例えば、一生懸命勉強をして自信を持って臨んだ大学受験。
会場に到着した途端、周りの人たちが皆自分よりも頭が良さそうに思えてきて一気に自信を喪失し、頭が真っ白になってしまって解答できなかった、なんて経験ありませんか。

また、仕事で抜擢されてクライアントに向けてプレゼンを行うことになった。
準備を万端に整えて臨んだはずなのに、大勢の人の前に立った途端、何を話せばいいか分からなくなってしまい、シドロモドロの無様なプレゼンになってしまった、などということもあるでしょう。
このように、ここぞというときに限って力を発揮できない人に必要なのがメンタルトレーニングなのです。

お墓(墓石)の決まり

Written By: admin - 10月• 22•11

お墓とは先祖代々の納骨をし、お参りしていくものですが、その使用には幾つかの規則があります。
これは当然守らなくてはいけないことで、守らない場合は使用できなくなるということもある様です。
まずは当然のことですが、目的が納骨して参拝するところであること、そして使用料をきちんと支払っていけることが条件になりますが、使用者が不明になったり、使用料を支払えなくなったり、後継者がいなくなった場合にその権利がなくなることもあります。
そこでの仕様を守らず墓石を準備しなかったり、逸脱した行為をする様な場合は即使用できなくなることもあります。
難しいことではなくふつうにお墓を使用している人にとっては何ら大変な決まりではありません。
最近では承継者かいないというケースも増えてきている様ですが、こういった問題は必要に迫られてからの考慮で問題ないと思います。
ただし、使用するにあたっては最低限の知識を持っていることが大切だと思います。